2020年09月27日

「Moonrise」 降幡愛

今回は降幡愛さんの「Moonrise」を紹介します。

声優・降幡愛さんのデビューミニアルバム。

元々古いアニメが好きというのは知られていたが、今作で披露したのはまさかの80年代シティポップ。
それを"風"ではなく、かなり本格的なレベルで作り上げているのが凄い。

リード曲「CITY」はその中でも圧倒的。

電子音が主体で機械的・無機質な空気を演出しつつ、どこか淡々とした歌声でありながら、サビの"CITY"で熱が入り、秘めた感情が滲み出るような歌い方が非常に心地よい。

言葉の選び方も少し懐かしく、"焦げ臭さ"と表現した走る車の様子から当時の車のエンジンと排気ガスの空気を感じさせるなど、音だけでなく全体を通して80年代の空気を感じさせているのが見事。

そういったブレない作り込みによって、ここまで本格的なものが作り上げられているのだ。

ただ、80年代シティポップと言っても、その表現は一つではないことが他の曲を聴くと見えてくる。

「シンデレラタイム」は少しフワッとした音が特徴的で、夢見心地な時間の尊さと儚さを表現していたり、「ラブソングをかけて」は南国情緒漂うトロピカルで甘い雰囲気を出している。

「Yの悲劇」の存在感は特に強く、ピンク・レディーを彷彿とさせる跳ねるリズムと歌謡曲テイストはもはや70年代に近く、そこにサビであまりにも印象的な"YADA"を連呼されるのだから、頭から離れなくこと必須。

中毒性と大衆性を持った名曲がこんなところに潜んでいるのだから恐ろしい。

全曲作詞:降幡愛さん、作曲:本間昭光さん。
この布陣が揃ったことにより、80年代シティポップという物凄い破壊力を持った一枚が生み出された。

これは偏見持たずに一度聴いてみてほしい。

ちなみに、こちらで「CITY」が視聴できます。

posted by micarosu at 21:25| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。