2020年07月05日

「れあもの」 PARIS on the City!

今回はPARIS on the City!の「れあもの」を紹介します。

意外。
その言葉が真っ先に浮かぶだろうか。

これまでの作品はどちらかと言えばポップな印象が強かった。
今作はそれらと比べると少し重い。

リード曲「れあもの」のイントロのロックンロール感からもそれはわかると思う。

ただ、聴き進めるとサビでは開けた雰囲気があったかと思えば、全体を通して"裏切り"が一つテーマになっていたりと、重いのだけど重さを感じさせないのが非常に面白い。

今回の収録曲はこのように新たなテーマに挑戦をしていること、そして、相反するものが曲の中にあるというのが注目すべきポイント。

「これまでのこと」の陰と陽、「蝶の顔」のコーラス、「喜びに憧れて」の歌謡曲感。

「めぐるちゃん」の不安からのめぐり逢いへの希望、「ビローバ」の深さ渋さの出た極上のバラードも最高だし、「春の夜」のファンキーさも面白い。

らしくないとも言えるのだけど、聴いているとこういうのもらしさなのかなと思えてくる。

彼らが歩む新たな一歩が垣間見える一枚だ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
れあもの
めぐるちゃん

posted by micarosu at 22:28| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。