2020年06月07日

「アルファルド」 海羽

今回は海羽さんの「アルファルド」を紹介します。

孤独の叫びが聴こえてくる。

星に例えた自分の人生。
周りの星と比べてみたらとてもちっぽけであったことに気づく。

それに対する焦りは焦燥感を持った音色からも伝わってくる。

でもそれに抗おうとする疾走感と、徐々に自分の姿を見つめ直して、自分の星も光っていたことに気づく姿には勇気づけられる。
特に最後のサビの歌声のインパクトは強い。

タイトルのアルファルドというのは、うみへび座の恒星で、"孤独なもの"を意味する言葉。
これはまさにこの曲で伝えたいことを一言で表していると言える。

みんなそれぞれ違う星なんだ。
明るさは違うかもしれないけど、間違いなく光り輝いている。

それを伝える名曲だ。

ちなみに、こちらで視聴できます。

posted by micarosu at 22:01| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。