2020年04月05日

「彗星吟遊」 ももすももす

今回はももすももすさんの「彗星吟遊」を紹介します。

なんか凄いものを聴いてしまった感じだ。

抽象的なようで核を捉えた言葉の紡ぎ方の世界観。
ギターロックを中心の置きつつ、ポップミュージックとしての一面も光る。

シングル「木馬」、「アネクドット」と常に新しい世界観で魅せてくれた彼女だが、このアルバムで益々世界観を言い表すのが難しくなった。
そのくらい、ロックシーンからもポップシーンからも新しい世界の始まりを聴かせてくれたような満足感とワクワク感が詰まっていた。

そんなアルバムは始まりから強烈で、「火星よ、こんにちは」は力強いギターロックを鳴らしながらも、どこか漂う浮遊感から宇宙のような壮大さを感じさせる。

これで耳を掴まれたところに、「アネクドット」、「木馬」とシングル曲を畳みかけてくるのだから、一気にももすももすさんの世界観の虜になってしまう。

骨太の「Saboten」を挟み、アルバムの中でも疾走感とグルーブ感が心地よい「桜の刺繍」へと流れ、バラード曲の「シャボン」で一旦落ち着きを見せる。

「隕石」から後半が始まるのだが、隕石の名の通りいきなり突き落とされる。

"大きな隕石が落ちてきてさようなら"の言葉を聴いたときは一体どうなることやらと思ったが、これは究極というか極限のラブソング。
ここで死んだら最後の恋人が自分であるというかなり病んでいる詩なのだが、その吹っ切れた想いに清々しさを感じる。

「Confession」、「シクラメン」、「プルシアンブルー」とシングルのカップリング曲で異なる魅力を聴かせ、配信限定でリリースしていた「うさぎの耳」へ。

「うさぎの耳」は「木馬」より先の配信なので、この曲は一つの原点。

物語性や文学性が高い他の楽曲と比べると、自分の中の気持ちを全面に押し出している感じが強い。
あなたが聴いている曲を聴きたいという表現に"うさぎの耳が欲しい"という言葉を選んでいるあたりから、表現力の広さの片鱗が見える。

最後の「ハネムーン」はカントリー調で、吟遊詩人を彷彿とさせるような楽しい音楽。
この曲はアウトロの構成が印象的で、一度終わったかと思った後にまた始まる流れは、アルバムをリピートして聴く伏線とも言える。

この「ハネムーン」と「火星よ、こんにちは」はセットに近い感じだ。

アルバムタイトルの「彗星」、宇宙の要素を含んだ「火星よ、こんにちは」で始まり、「吟遊」詩人の要素を含んだ「ハネムーン」で終わる。
そのスケールの大きな旅の中には、上述した様々な楽曲が並べられているのだから、とにかく楽しい。

それでいて新しさを感じる要素も多いのだから凄い。

これは新しい世界だ。
繰り返しになってしまうが、ロックシーンからもポップシーンからも新しい世界の始まりを聴かせてくれたような満足感とワクワク感がここには詰まっている。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
桜の刺繍
隕石

posted by micarosu at 22:28| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。