2020年03月29日

「わかってたまるか」 ダニーバグ

今回はダニーバグの「わかってたまるか」を紹介します。

ギターロックで響かせる熱情。

そこにあるのは、反骨心。
「わかってたまるか」というタイトルからもそれが伝わってくる。

だが、そんな事はいいからまずは聴いてくれと言いたい。
「雨の日の少年」をまずは聴いてくれと。

イントロの歪んだギターの音色から一気に耳をつかまれてしまうが、基本は真っ直ぐに一音一音を力強く奏でているのが印象的。

メロディラインも非常に真っ直ぐで、言葉の一つ一つに込めた想いが滲み出るように伝わる。

雨という言葉に悲しさ涙、やるせなさを映しつつ、雨上がりに"ニヤける少年"でありたいとする表現は強い。
今の状況を受け止めつつも、決して諦めず、最後には笑ってやるという強い想いが溢れている。

この言葉の強さを、吐き出すように歌う声が想いを何倍にも深め、高めていく。
こういう反骨心を歌うギターロックはやはり格好良い。

最近の音楽に足りなかった熱がこの歌にはあった。

この曲を知って、このEP作品を聴くに至ったわけだが、他の曲も負けない熱で溢れている。

「明日がやってくる」の"アンテナ立てて悪いニュースだけ受け取っている"のように負を抱え込んでしまいがちなところとか、「my list」で"time is over"と既に終わってしまったような現状を俯瞰しつつも、そこに抗ってやろうする姿が最終的には見えてくる。

"負け犬バンド"
彼らのプロフィールにはその言葉がある。
だが、その言葉の前には"無敵になった"が付いている。

負けた者達が立ち上がった時、それは無敵の強さを纏った存在になる。
彼らの歌はまさにそれだ。

繰り返しになってしまうが、まずは聴いてみ欲しい。
彼らの持つ熱と強さがわかるはずだ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
退屈ハイウェイ
明日がやってくる
雨の日の少年
ぼくらのゲーム
my list
posted by micarosu at 22:49| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。