2020年01月05日

「ジャパニーズポップス」 キンモクセイ

今回はキンモクセイの「ジャパニーズポップス」を紹介します。
キンモクセイの5thアルバム。

活動急始ライブから約1年。
遂に、遂にキンモクセイの5枚目のオリジナルアルバムが発売される。

4thアルバム「13月のバラード」からは実に14年ぶり。

その内容は、キンモクセイ流のザ・ベストテンという感じで、懐かしさ漂う良質の楽曲が詰まっていた。

アルバムの始まりを告げるのは「セレモニー」。

活動再開後初となるリリース曲(配信)で、まさにキンモクセイの再開を告げる曲。
それと同時に、これまでを振り返った曲でもある。

イントロの懐かしい音色からキンモクセイらしさ全開なのだが、この曲は何と言っても歌詞に綴られた想いが大きい。

♪忘れたいことも忘れてしまったから
という始まりから、キンモクセイとしての活動と、休止後の伊藤さんの苦悩が伝わってくる。

インタビュー記事などを見るとわかると思うのだが、伊藤さんは当初キンモクセイの再開は無いと思っていたらしい。
そのくらいに追い込まれた状態での休止だったわけだが、楽曲の制作やソロ活動を続けていく中で、少しずつあった心境の変化。

何より、メンバーがずっと待っていてくれたことが背景ったとはいえ、再開の道が開くのにはこれだけの時が必要だった。

この歌も、1番では全て忘れて新しい日々を送ろうとしているのだが、時の流れの中で生まれた心境の変化によって「♪昨日の続きをこれから始めようと」という想いへと変わっているのが真っ直ぐに伝わる。

活動休止から止まっていたキンモクセイの歴史の続き。
決意と感謝、そして優しい希望を包み込んだこの曲から始まっていく。

アルバムはこの後から一気にいろんな表情を見せる。

というのも、「セレモニー」を除いたアルバム曲10曲の作曲をメンバー5人で2曲ずつ行っているのが大きい。

メンバーそれぞれに個性が強く、70〜80年代の歌謡曲だけでなく、シティポップやアメリカンポップスの要素があったり。
白井さん作曲の「あなた、フツウね」では工藤静香さんや中森明菜さんのような異国情緒感とグルーブを感じさせたかと思えば、「ない!」ではチェッカーズ感を聴かせて驚かせたりする。

「グッバイ・マイ・ライフ」のようなこれぞキンモクセイな楽曲に思わず微笑んでしまうわけだが、この楽曲だけがキンモクセイではなく、どのタイプの楽曲でもこのメンバーが音を奏でて伊藤さんが歌えばキンモクセイなんだ。

それが今も変わらずにここにあったことが何より嬉しい。

キンモクセイ復活。
活動休止の時間が生んだ傑作だ。

キンモクセイの歴史が再び始まる。

ちなみに、こちらでアルバムの全曲トレーラーが視聴できます。

posted by micarosu at 23:28| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。