2019年12月01日

「white disc +++」 halca

今回はhalcaさんの「white disc +++」を紹介します。
インディーズ盤「white disc」に新録曲を加えた企画ミニアルバム。

7色の輝き。
全7曲それぞれが個性的な色を放っている。

「white disc +++」と名付けられたこの作品は、インディーズ時代の幻の一枚「white disc」に新録曲を追加した内容だ。

「white disc」に収録されていた3曲だけでもかなりインパクトが強い。

kzさん作曲による「Hail to the world!!」のデジタルな浮遊感を持ったダンサブルな楽曲に、「曖昧グラデーション」のような圧倒的な疾走感を持った楽曲、しっとりとしたバラード曲「キミの空」と、魅力的な楽曲ばかりだ。

これに負けない新録曲4曲ももちろん凄い。

アルバムの始まりを告げる「Distortionary」はキレ味鋭いロックナンバーで新たな一面を覗かせてくれたかと思えば、コレサワ作曲による「君だけ」のキャッチーさが前面に出た心地よいポップナンバーがそこに続く。

「朽葉色の音」は緊迫感ある音色からの広がりあのあるサビへの展開で美しく魅了したかと思えば、最後の「GOING CRAZY NIGHT」ではロックバラードナンバーを力強く真っ直ぐに響かせ、アルバムに清清しい余韻を残してくれる。

アニメ主題歌を歌うことが多い彼女だが、今作はそういったタイアップ作品というより、halcaという1アーティストとしての楽曲という面が表に出ている感じがあり、今までとは違う面や"らしさ"が伝わってくる。

彼女の魅力を知るには、最高の1枚と言っていい。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
君だけ
朽葉色の音

posted by micarosu at 21:32| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。