2019年11月03日

「一匹狼」 湯木慧

今回は湯木慧さんの「一匹狼」を紹介します。
湯木慧さんのメジャーセカンドシングル。

不穏。

歌声とアコギの音の始まりから、その独特の空気感に惹き込まれる。

張り詰めた空気。
歌声にこめられた緊迫感。
そこから見える世界の闇と信念。

何も出来ずに過ごしていく日々への焦燥感を抱きつつ、そこに立ち向かうために"僕はただ、唄う。"と強い決意を響かせているのが特に印象的だ。
これは単純に捉えると勇気なのだが、不安への裏返しとも捉えられる。

言葉では強さを示しつつ、その奥で抱えた不安を払拭するために孤高で強くあろうという姿を見せる。
そんな真っ直ぐだけど裏にある抱えた想いまでもが見えてくるのが、この歌の何よりも強い力だろう。

孤高の歌い手、一匹狼の想い。
その強さに、惹きこまれてみて欲しい。

ちなみに、こちらで視聴できます。

posted by micarosu at 21:46| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。