2019年09月29日

「マクロスコピック自由論」 アンダーグラフ

今回はアンダーグラフの「マクロスコピック自由論」を紹介します。
「ファンと共にフルアルバム制作プロジェクト」により成立となったアンダーグラフのフルアルバム。

アンダーグラフが持つ引き出し。
その多さには、15年間いつも驚かされてきた。

近年の作品は少し優しさが前面に出ているものが多かったが、今作ではそういう楽曲も垣間見えつつ、デビュー初期のような陰と緊迫感あるような楽曲が多いのが特徴だ。

一曲目の「歳月」などはその最たるもの。

歪むようなギターの音色に、ベース、ドラムが小気味良く入るアンダーグラフらしい布陣。
これが最初から堪能できる時点でアルバムへの期待を一気に高めてくれる。

アルバムの中盤の「一輪の花」、「自由論」、「ナショナ・リズム」の流れなんかも同様の懐かしさを感じる。
アンダーグラフにはこういう楽曲のイメージを持っている人も多いと思うので、この流れを聴くと思わずニヤッとしてしまうだろう。

それとは対極とも言える日常感や優しさが出た楽曲も非常に心地よい。

「体温という言葉」、「見上げたら空より近くに」、「君が笑うために生きてる」。
タイトルを見ただけでも優しさが溢れているのだが、楽曲の雰囲気はもちろんのこと、僕と君の二人が歩みを進めていこうとする姿を描いた詩が何より愛おしい。

そしてもう一つ。
このアルバムの軸となっているのは壮大さだ。

ハンガリーブダペストのオーケストラの壮大なサウンドを入れた「翼‐road to 2020 Infiorata ver.-」や「まだ見ぬ世界を映しながら」のように音としての壮大さという点ももちろんあるのだが、どちからというと詩の壮大さが一つ聴きどころだ。

「翼‐road to 2020 Infiorata ver.-」は地球という星の生まれてから今に至るまでの時の流れから、今を生きる命の煌きを描くという壮大な内容。
名曲「ツバサ」とメロディは同じなのだが、新たに書き起こされた詩が乗ると、ここまでイメージが変わるものかと驚いた。

それに続く「鼓動」もかなり壮大だ。

生きている限りなり続けている鼓動というテーマから、幼い頃の想いや愛、生きていく意味などを哲学的に描いている感じがあり、特定の誰かではなく今を生きる全ての人に共通して響く想いと意味がここにはある。

「翼」ほど大きな話ではないのだが、全ての人に届く言葉を描くというのは壮大だなと思う。

このように日常感から壮大なテーマまで幅広く収録されているこのアルバム。

言い換えると、狭い視野から広い視野まで色んな視点で描れていて、ものの見方を変えれば見え方は変わってくるというのがアルバムの大きなテーマになっていることに気づくだろう。

これこそが「マクロスコピック自由論」。

アンダーグラフが辿り着いた一つの到達点であり、新たな始まりを予感させる名盤だ。

ちなみに、こちらでアルバムのディザーが視聴できます。

posted by micarosu at 22:38| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。