2019年08月25日

「くつひも」 斉藤朱夏

今回は斉藤朱夏さんの「くつひも」を紹介します。
斉藤朱夏さんの1stミニアルバム。

Aqoursとしても活躍する斉藤朱夏さんが遂にソロデビューをする。

Aqoursでは演じる渡辺曜ちゃんのキャラクターもあり、明るく元気なイメージが強いことと、ダンスが非常に得意という点もあることから、アグレッシブな楽曲やダンスナンバーが来るのではないかと初めは思っていた。

ところが…だ。
先行でMVが公開された「あと1メートル」を聴いて、そのイメージは一気に払拭されることとなる。

一言で言えば、少女感。

好きな気持ちを伝えられない、近くて遠い距離。
それを描いた歌詞と等身大の歌声が繊細に真っ直ぐ響いてくる。

こんな引き出しがあったのか…。
というのが正直な感想だった。

この楽曲だけでもミニアルバムは良いものになるだろうと思っていたが、それを更に上回ると言ってもいい楽曲がある。
タイトル曲でもある「くつひも」だ。

詩のイメージは「あと1メートル」に似ているのだが、君との距離はこちらのほうが近い。

"もっと近づきたいよ"
想っているのに、なかなか素直になれずに素っ気無い態度を取ってしまう意地っ張りな想いの交錯。

そんな想いを、あえて"くつひも"の結び目に重ねて描くことにより、真っ直ぐなのに素直になれないもどかしい気持ちが、言葉と歌声から溢れ出るように響いてくる。

こういう楽曲が歌えるのがソロアーティスト斉藤朱夏なのだと感じた。

今作ではこの"言葉"というのが一つキーワードになっていて、1曲目の「ことばの魔法」を聴くとより見えてくるのだが、言葉を伝えることの大切さ、言葉だからこそ伝わることというのがミニアルバム全体で溢れている。

"くつひも"が繋げる歌と言葉。
斉藤朱夏さんの始まりを告げる最初の名盤。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
あと1メートル
くつひも
「くつひも」クロスフェード

posted by micarosu at 20:57| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。