2019年08月11日

「幻」 The Cheserasera

今回はThe Cheseraseraの「」を紹介します。
The Cheseraseraの4thフルアルバム。

今回のアルバムを聴いたときに、すごく躍動感があるなと感じた。

言葉を少し変えると、自由にシンプルに良い音楽を作ろうと楽しんで躍起している感じだろうか。

メジャーでやっていた頃の楽曲ももちろん好きなのだが、自主レーベルを立ち上げて自分自身と真面目に向き合ったからこそ生まれた新しいThe Cheseraseraの姿がここにある。

タイトル曲でもある「幻」は初聴きの際、非常に驚いた。

ギターのシンプルで意味深なフレーズとともに歌が始まり、独特のリズムで浮遊感と儚さを演習しつつも、どこかあっけらかんとした日常的な要素も含んでいる不思議で深い楽曲。

過ぎ続けていく毎日など幻みたいなものと表現していて、どんなに辛いことや哀しいことがあっても明日がやってくるのだからここでクヨクヨしていてもしょうがないと、少し遠まわしに諭しているのが印象的だ。

わかりやすい楽曲では無いのだけど、何故か一度聴けば伝えたい想いが響いてくる。
こういう楽曲が作れるようになった彼らは強い。

もう一曲、「月は面影」も取り上げたい。

歌詞の内容が「幻」に少し似ているのだが、曲調は全く違って心地よいグルーヴが特徴の疾走感ある楽曲。
ロマンチックな雰囲気を漂わせつつも、適当にはぐらかしているのがなんだか微笑ましい。

こんな風にそれぞれの楽曲で全く違う雰囲気を出していて、さながら12曲の短編小説を聴いているようなアルバム。

そして、The Cheseraseraの最高傑作と言っていい一枚だ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。

ワンモアタイム
たわけ

posted by micarosu at 23:29| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。