2019年07月14日

「SUPER MUSIC」 集団行動

今回は集団行動の「SUPER MUSIC」を紹介します。
集団行動の3rdアルバム。

集団行動というバンドの一つの完成形。

配信限定シングル「ティーチャー?」、「クライム・サスペンス」、「ザ・クレーター」と、リリース毎に確実に存在感を高めていて、その動向に注目していた中で遂にリリースされた3rdアルバム。

タイトルを「SUPER MUSIC」と名付けるあたり、この作品への自信を感じさせる。

そのタイトルナンバーでもある「SUPER MUSIC」からアルバムは始まる。

この楽曲はアルバムの中でもバンド感が非常に強く、ギター、ベース、ドラムの奏でるしっかりとしたアンサンブルに齋藤さんのどこか無機質だけど華のあるボーカルが彩りを加える。
繰り返される"スーパー・ミュージック"というキラーフレーズもあり、最初からインパクトを与えてくれる。

そこに続く「1999」。
この楽曲の存在がアルバムにとっても、集団行動というバンドにとっても非常に大きい。

一言で言えば王道のJ-POP。
耳なじみのよいキャッチーなメロディに、浮遊感漂う音色が印象的。

歌詞もかなり特徴的で、19歳の自分と99歳の自分が行き来する御伽噺のような展開に、自分の位置がわからなくなるような浮遊感がある。
前述の通り音色の浮遊感とも相まって、この独特の音空間が何とも心地良く、いつまでも浸っていたいと思わせてくれる名曲に仕上がっている。

この後も楽曲ごとに魅せる顔も色もそれぞれに個性的で、次へ聴き進めるのが非常に楽しい。

そんなおもちゃ箱のようなアルバムの最後を飾るのは「チグリス・リバー」。

男性陣の低く太いボーカルで大地に響かせるように始まる時点で、何事かと思わせる。
音の作り方も非常に壮大で、遠い昔の民族音楽のようでありながら、未来を感じさせる不思議な浮遊感を持っているという、もう何が何だかわからない。

でも何故か一度聴いたら頭から離れることは無く、色んな意味で衝撃的とも言える名曲。

集団行動はもう少しふわっとしたイメージがあっただけに、この楽曲の存在は彼らのイメージを変える一曲。
そして、アルバムの締めに強烈インパクトを与えるものとして、これ以上のものは無い。

全部を聴いて、確かに「SUPER MUSIC」だったなと納得してしまうほど、素晴らしい楽曲が並んでいる。
間違いなく聴く人を後悔させない一枚だ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。

1999
ティーチャー?
クライム・サスペンス
ザ・クレーター

posted by micarosu at 22:10| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。