2019年07月07日

「FOREVER YOUNG」 BOYS END SWING GIRL

今回はBOYS END SWING GIRLの「FOREVER YOUNG」を紹介します。
BOYS END SWING GIRLのメジャーデビューアルバム。

"僕たちはまだ終わっちゃいないだろう"

これは「フォーエバーヤング」の一節。
メジャーデビュー盤の一曲目にこの歌詞を持ってくるあたり、彼らのスケールの大きさを感じずにはいられない。

もちろん終わりではない。
ここから新たな一歩を踏み出す決意表明とも取れる一曲で、耳に残る綺麗なメロディにサビの"フォーエバーヤング"の力強いフレーズが印象に残る名曲からアルバムは始まっていく。

続く「Goodbye My Love」は彼らの真骨頂とも言える王道のポップナンバー。
優しい音色とメロディに乗る思い出の描写が愛おしいのだが、中でも映画の半券を見つける描写には思わず耳を止めてしまう。

「縋 -sugare-」は打って変わったダークなロックナンバー。
無力感と虚無感が入り乱れる世界観を描く詩とサウンドに少し叫ぶような歌声。

最後に叫ぶ"縋れ"のフレーズは心に一本の矢を突き刺すような強さを秘めている。

この3曲を聴いただけで、このアルバムの名盤さと彼らのポテンシャル、そして決意が感じ取れる。

ここから先も驚きっぱなしで、攻撃的な詩とグルーブ感で引っ張る「Boo!! Let it go!!」に、優しさ溢れる音色で聴かせる「毛布の中で抱き合って」。

インディーズ時代にリリースしていた名曲「ストライド」、アルバムの集大成にして盛り上がり必須のアップチューン「Alright!! 〜令和若者賛歌〜」と純粋に良い曲と言える楽曲が目白押しだ。

メジャーデビュー盤が力を入れすぎて魅力が落ちてしまうバンドもいるが、彼らの場合はインディーズ時代からの良さを更に磨いて洗練させた印象で、間違いなく名盤と呼べる一枚に仕上げてきた。

千葉県成田市発、全年齢対象・清涼系ロックバンド。
BOYS END SWING GIRLの新たな歴史がここから始まる。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
Goodbye My Love


フォーエバーヤング
posted by micarosu at 21:44| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。