2019年06月30日

「トワイライト」 スカート

今回はスカートの「トワイライト」を紹介します。
スカートのメジャー2ndアルバム。

ポップミュージック。
一言で言えばそうなのだが、やはりそれだけでは語りきれない。

始まりが「あの娘が暮らす街(まであとどれくらい?)」ということからもそれがわかる。

NegiccoのKaedeさんに提供した楽曲のセルフカバーなのだが、かなり暗めの楽曲だ。
歌詞に"逃げ出したい"という言葉が出てくるくらい陰を持った楽曲なのだが、不思議と後ろ向きな感じより前向きな想いが滲み出てきている。

そこから「ずっとつづく」、「君がいるなら」という心地よい楽曲への流れでもう虜になってしまう。

今回のアルバムはこのように曲順にかなり意味がある感じだ。
それぞれの詩のテーマや情景などには直接の繋がりは無いのだが、曲ごとに魅せる陰と陽だったり、楽曲の色合いだったりがそれぞれにコントラストを描いて一つの作品としての輝きを増している。

ジャケット風に言うのであれば、始まりのきっけから結末へ向かう一つの漫画のような作品だ。

インタビューで本人も絶賛していた最後の3曲「花束にかえて」、「トワイライト」、「四月のばらの歌のこと」の流れは特に秀逸で、楽曲そのものの良さに加えて、余韻の残し方が最高だ。

不思議なもので、この余韻を聴いていると、また始めからこの作品を振り返ってみたくなるような魔力も秘めている。
そして気づけば何度も聴いてしまっているだろう。

「トワイライト」と名付けられた漫画のようなアルバムに浸ってみてほしい。

ちなみに、こちらでアルバムのトレーラーが視聴できます。

posted by micarosu at 22:15| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。