2019年06月16日

「ゴールデンエイジ」 石崎ひゅーい

今回は石崎ひゅーいさんの「ゴールデンエイジ」を紹介します。
石崎ひゅーいさんの3rdミニアルバム。

「さよならエレジー」。
菅田将暉さんに楽曲提供したこの曲を何故自分で歌わないのかとずっと思っていたのだが、今回ついにアレンジを変えてセルフカバー。

印象的なイントロの面影を残しつつ、激しい疾走感を演出する演奏で魅せる。
焦燥感と喪失感を漂わせる歌声にも酔いしれさせてくれる。

…と、「さよならエレジー」の話はこの辺にしようか。

今作で一番話をしたいのはここではない。
リード曲「あなたはどこにいるの」という大名曲についてだ。

「Huwie Best」で一区切りをつけ、新たなステージの幕開けとなる今作。
そこにどんな楽曲・リード曲をぶつけてくるかと思えば、過去最高に突き抜けた楽曲になっていた。

イントロの時点から漂わせる名曲の期待感。
その期待に沿うように進むメロから、サビで弾ける展開。

元々メロディのセンスはずば抜けていたが、ひゅーいさんらしさを活かしつつ、迷いを振り切るような真っ直ぐなロックナンバーに仕上げるだけでここまで格好良い楽曲になるとは思っていなかった。

また、楽曲の後半に向けて感情がより弾けていて、最後のサビで見せる感情を剥き出しにした歌声も聴きどころで、最後に最後までとにかく暑い楽曲になっている。

ここではこの2曲のみ紹介したが、他の楽曲も個性が色濃く出ていて、ひゅーいさんの魅力がより見えてくる。

「ゴールデンエイジ」。
ここから石崎ひゅーいの第二章が始まる。

ちなみに、こちらから「あなたはどこにいるの」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:46| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。