2019年06月02日

「in Rainbows」 ChroniCloop

今回はChroniCloopの「in Rainbows」を紹介します。
ChroniCloopのフルアルバム。

今こうしてレビューを書いているのだが、非常に悩んでいる。

あまりにも良すぎて書きたいことが書ききれないことに。

元々彼らを知ったきっかけは「メランコリックボーイ」という楽曲。

曲の始まりから不思議な雰囲気を醸しだしていて、何故か耳から離れなかった。
サビの儚さに惹かれたかと思えば、最後の畳み掛ける展開で最後の最後まで聴き手の耳を離すことはないほど魅力で溢れた楽曲だった。

そこからこうしてアルバムを聴くに至ったわけだが、本当に素晴らしいものだ。

まずは、冒頭の3曲「in Rainbows」、「点滅する色」、「猿の惑星」。

「in Rainbows」の視界が晴れるような心地よい疾走感から、抑揚のある音色とメロディが点滅を描くように聴かせる「点滅する色」、強めの言葉の破壊力を持ちながらもどこか懐かしく優しいメロディで聴かせる「猿の惑星」。
この3曲を聴いて、この後の曲を聴かないなんてありえない。

どの曲も印象強いが、中でも「EarthBound」は外せない。

クセになるイントロの音色から少し速いテンポで繰り出される言葉。
パッと聴いた感じは明るさが前面に出ているのだが、よく聴くと実は結構陰の部分があって、悩みながらも進もうとする世界観にいつの間にか惹きこまれている。

全体にも言える事なのだが、メロディの良さ、洗練されたサウンド、そして少し陰のある歌詞。
これらが高次元で折り重なることでできたこれだけの名曲が生まれている。

ChroniCloop。
彼らの魅力を感じるのに、文句なしの一枚だ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
点滅する色
悲しみにさよなら ( + kiila )
EarthBound
メランコリックボーイ

posted by micarosu at 22:26| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。