2019年03月24日

「深い 深い 青」 アンテナ

今回はアンテナの「深い 深い 青」を紹介します。
アンテナの2ndミニアルバム。

"深い 深い 青"

このアルバムにはこのタイトルしかないというくらい見事に内容を表した言葉だ。

描かれた詩の世界。
吸い込まれそうな深みのある音色。
儚くも芯のある歌声。

全体を通してそんな深い深い青の世界観が広がる。

特にタイトル曲でもある「深い 深い 青」は、それらを凝縮した圧巻の楽曲だ。

また今作では、言葉を繰り返す楽曲が多いのが特徴的。
"ラブ"、"ちょーっとだけ"、"深い"、"ベイビー"などは一度聴けば忘れられないフレーズになっている。

中でも最後に収録されている「ありんこ」は飛びぬけている。

冬の凛とした空気を思わすような音色を響かせる楽曲。

ありんこという小さな世界から、大地を響かせるという壮大なテーマを描いているのだが、サビで歌われる"トントントン トントントン"のインパクトがとにかく圧倒的。

このフレーズこそ大地を響かせるという音なのだが、初めは小さかった音が後半になるにつれて徐々に響く音が大きくなっていく展開の妙。

途中に入る"チクタク"のフレーズも同様に印象深く、高まる鼓動のように徐々に早くなる展開に、思わず時を忘れて聴き入ってしまう。

活動再開後のリリースでどんな作品になるかと思ったが、間違いなくアンテナの最高峰と言える内容の一枚。
深い深い青の世界をご堪能あれ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
ラヴ ラヴ ラヴ
深い 深い 青
ありんこ

posted by micarosu at 21:30| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。