2019年02月03日

「THETA -never ending fantasy-」 TRIPLANE

今回はTRIPLANEの「THETA -never ending fantasy-」を紹介します。
TRIPLANEの8枚目のオリジナルアルバム。

再びTRIPLANEがメジャーの舞台へ。
移籍第一弾となる作品がこのアルバムだ。

今作は一味違う。
それは、先行でMVの公開されたリード曲「冬の街」を聴いたときからひしひしと感じていた。

TRIPLANEらしい冬のバラードナンバーなのだが、今までの優しいイメージも確かに感じつつも、今回のはドラマチックで力強さを感じさせてくれていたからだ。

その期待を胸に聴き始めたアルバムは、想像を超える作品になっていた。

聴いているとワクワクするような期待感。
気持ちを高ぶらせてくれるような高揚感。
更に洗練された魅せるアレンジと演奏。

でも決して揺るがない、根幹を支えるTRIPLANEらしさ。

それらが高次元で折り重なっている感じだ。

始まりの「アンセム」から「夜空の風になって」、「冬の街」の秀逸な流れ。
「シナリオ」の決意を込めたメッセージ。
「The garden -五稜星の夏-」のどこまでも広がっていくような壮大な爽快さ。

良さを挙げたらキリが無いのだが、作品の中でもかなり重要な役割を果たしている「モスキート」に注目したい。

デジタルな音が入った楽曲はアルバム「君に咲くうた」以降でたまに見られるようになったが、これは一つの完成形とも言える。

イントロのギターの洗練された陰の音色に電子音が加わることで生み出される不思議な異世界。
いびつな愛の形を描いた御伽噺のような詩の世界観もあり、アルバムのタイトルにもあるような"never ending fantasy"を感じさせてくれる。

この楽曲はTRIPLANEの中ではかなり珍しい部類の入るが、こういう楽曲があることで他の楽曲とのコントラストがより美しくなり、各楽曲の良さが更に引き立っているのが最高だ。

繰り返しになるが、今回のTRIPLANEは一味違う。
TRIPLANEが届ける新たなワクワクを感じてみてほしい。

ちなみに、こちらで「冬の街」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 22:41| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。