2019年01月13日

「ロマンスロス」 PERO

今回はPEROの「ロマンスロス」を紹介します。
PERO改名後初のフルアルバム。

PEROの名前を聞いたときは一瞬誰だろうと思ったけど、ペロペロしてやりたいわズ。が改名したと聞いて納得。

バンド名がわかりやすくなっただけかと思いきや、楽曲のキャッチーさがグッと増しているのがとても印象的だ。

その印象を決定付けたのが先行配信もされていた「スローモーション・ラブ」だろう。

イントロのギターの音色と跳ねるようなリズムの少し懐かしいダンスナンバー。

ダンスナンバーとはいえ、タイトルのスローモーションにリンクするようにテンポはゆっくり目。
メロまで明るめの曲調で進みながらも、サビではマイナー調になるというメロディとサウンドのコントラストが心地良く、一度聴けば耳から離れない楽曲になっている。

アルバムの一曲目からこれを聞かせてくれ、ここからキャッチーさ全開の「ステップ10」に行ったかと思えば、抱えた感情を吐露するように歌う「煙」のセンチメンタルなメロディと音色が聴き手の心を掴んでいく。

この後も様々な形で魅せてくれるのだが、「ココチヨイ温度」が中でも秀逸。

早いテンポで疾走感が表現としては当てはまるかなと思っていたのだが、歌詞の内容を聴いていると戻らない時間のフラッシュバックと焦燥感という表現のほうが合う気がする。

間にコーラスで盛り上げたり、最後の半音上がり、畳み掛けてくるサビの展開は何度聴いても最高だ。

全10曲。
キャッチーな楽曲の印象が強いが、感傷的な気持ちを奏でる音楽も心地良く、全体を通して色んな魅力を感じることができる一枚。

ちなみに、こちらで「スローモーション・ラブ」のMVが視聴できます。

posted by micarosu at 21:53| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。