2018年11月11日

「見エズ在ルモノ」 空中ループ

今回は空中ループの「見エズ在ルモノ」を紹介します。
空中ループのメジャーデビューアルバム。

忘れていた何かを思い出すような感じ。
それがこのアルバムにはあった。

1曲目の「ダークマター」。
これを聴き始めた時点からこの世界に惹きこまれてしまうだろう。

タイトルからは暗めの印象を持ちそうだが、美しい旋律から始まった音の波紋は、やがて極上のポップソングの世界へと広がって行く。

メロディの素晴らしさ、電子的な浮遊感とリズムが生み出す心地良さ。
まじりっけ無し、純粋にポップだと思えるこの曲から、最近の曲に無い良さを感じると思う。

続く「梢」。
少し切ない曲なのだが、メロディがこう来て欲しいなと思う通りに来てくれるので、不思議な心地良さも届けてくれる。

この2曲だけでも間違いなく名盤だと感じるのだが、「Coelacanth」で魅せる深い音空間と美しいメロディだったり、「今すぐここに」のような意味深な世界観であったり、「A SAILOR」のような英語詩の楽曲があったり、思っている以上の楽曲で次々と魅了してくる。

極めつけは「風のファンファーレ」だ。

シングルにもなっている楽曲で、王道の中の王道というくらい綺麗なメロディとコード進行、アウトロのコーラスの心地良さ、どれを取っても文句なしに素晴らしい。
短い楽曲なのだが、一度聴けば忘れないくらいインパクトのある楽曲だ。

さて、冒頭であえて忘れていた"何か"と書いたのだが、この"何か"が上記の内容からわかるかと思う。

最近の音楽が失いかけていた純粋に良いと思える楽曲のことだ。

メロディのクセが強かったり、BPMが速かったり、演奏技術の高さ感じるような楽曲も確かに良いのだが、純粋にメロディが良くて、耳に馴染むような歌を聴かせてくれる楽曲。
それがここにはある。

空中ループが生み出すそんな歌を聴いてみて欲しい。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。

ダークマター
風のファンファーレ

posted by micarosu at 22:25| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。