2018年09月30日

「ALL TIME BEST」 homme

今回はhommeの「ALL TIME BEST」を紹介します。
homme初のベストアルバム。

「ALL TIME BEST」。
この発売をどれだけ心待ちにしていたことか。

hommeを知ったのは割りと最近なのだが、メロディの耳なじみの良さ、シンプルながら印象のある編曲と演奏、秋山さんの素朴だけど芯のある歌声とどれを取っても素晴らしいものだった。

そんなhommeが今年の初め、クラウドファンディングで「ALL TIME BEST」を作る企画を始めた。

とはいえ、あまり支援者が伸びず、企画失敗で終わりそうな予感も出始めていたのだが、終了一週間ほど前になって一気に伸び始め、土壇場での大成功というドラマのような展開は感動ものだった。

そんな紆余曲折のあった「ALL TIME BEST」が遂に完成。

2006年から2017年までに生み出された150曲あまりの曲の中から厳選したという30曲は珠玉の楽曲ばかりだ。

始まりは3rdシングルの「light of the exit」。
「the past days」に収録されていたので発売前に耳にしていたのだが、明らかに当時より良くなっていることに気づいた。

今回ほぼ全ての楽曲を再録していて、今の演奏力・歌唱力で楽曲を楽しむことが出来るわけだが、楽曲というより一つの歌として非常に深みが増しているように感じた。

その深みが加わったことで、楽曲の良さは当時のままに、更なる名曲へと昇華している。
この1曲の時点でこのアルバムの完成度はほぼ約束されたと言って良い。

1曲1曲取り上げるとキリがないのだが、せっかくなので少しだけ取り上げたい。

hommeは初期のロック路線と、「記憶旅行」以降のポップ路線で楽曲の雰囲気が異なる。

初期の楽曲だと独特の緊迫感と焦燥感を持った「2月」、聴き馴染みの良さの奥に秘めた怪しげなを醸しだす「Beautiful Pain」、混沌を纏いながら駆け抜けていく怪しげなダンスナンバー「モルヒネダンス」は非常に存在感があった。

哀愁と力強さが混ざり合う名曲「モーニングムーンが見えない」や、陰のあるメロディと王道の進行に心を掴まれる「reverse」、そんなに速いテンポでは無いものの、どこか全てを忘れて吹っ切れたい欲望が渦巻く「もっとレッドアイ」の疾走感も珠玉。

繊細な音色と歌声で届かない想いを響かせる「if」、硝子のように透明で触れたら壊れてしまいそうな世界観を漂わせる「儚いこと」のようなバラードも素晴らしいものばかり。

「記憶旅行」以降はポップ系の楽曲がメインにはなっているものの、「この夜が明けるまで」の陰のある疾走感を持った楽曲であったり、「流転」のようなイントロのアコギとコーラスから怪しげな雰囲気を漂わせて一気に惹きこんでいく楽曲など、路線変更後も楽曲は多岐にわたっている。

また、2006年から2017年まで各年代の曲が満遍なく入っているのに、全く違和感が無いというのも面白いところ。

再録という形で2018年という今に全ての楽曲が並んだというのはあるが、メロディの良さであったり、編曲の巧みさであったり、何より歌を届けようとする芯の部分が変わっていないことが大きいのではないかと思う。

homme初のベストアルバム。
「ALL TIME BEST」と銘打っているが、実は全国流通盤としては「混結花」以来2枚目。

hommeの12年の歴史を振り返りつつ、ここから始まるための一枚。

山陰からの発信にこだわるロックバンドhommeをよろしくお願いします。

ちなみに、こちらでトレーラーが視聴できます。

posted by micarosu at 22:30| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。