2018年09月23日

「Appartement」 ほたる日和

今回はほたる日和の「Appartement」を紹介します。
ほたる日和の3rdフルアルバム。

本当に久々のほたる日和の音源。

音源としてはオムニバス「東京のうた。」の「恋愛メトロ」以来。
単独リリースとしては「センチメンタルマインド」以来7年ぶりとなる新作。

メンバーの脱退・加入を経て、新たな体制となったほたる日和の作品はかなり新鮮だった。

先行でMVの公開されていた「とるものもとりあえず」がその最たるもので、ほたる日和らしいセンチメンタルな雰囲気とメロディは確かに健在なのだが、デジタルな音が入っているのがとにかく印象に残る。

今までのポップさや叙情的な音とは違い、デジタルな音が入ることで独特の浮遊感と混沌とした深みが加わっている。
音が変わることで、ほたる日和の印象は大きく変わったと言って良い。

「蒼写真」や「anocomuri」も同じくデジタルな音が入っていることで、かなり印象に残っている。

これだけを見ると完全に路線変更をしたようにも見えるが、今までの良さを感じる楽曲も存在感を放っている。

「あなたが好きって言いたくなった」や「好きな色だけで作られた毎日じゃないから」はキャッチーなメロディと柔らかい音色で紡がれていて、以前のようなポップさを感じることができる。

「あおい」や「染色アラウンド」のような繊細で陰のある楽曲も彼ららしい魅力の詰まった楽曲だ。

かと思えば、グルーヴ感の心地良い「蜜と密」のような怪しげな楽曲があったり、独特のリズムで駆け抜けていく「ジュブナイルフィッシュ」のような新鮮な浮遊感漂う楽曲もあったりするから、全く飽きさせない。

最後の「恋愛メトロ」はオムニバス「東京のうた。」に収録されていたものだが、この変幻自在のアルバムの最後を飾るにはこれしかないというくらいの楽曲。

キャッチーなメロディと柔らかい音色に少しの哀愁を添えて。
これはほたる日和のアルバムなんだと言わんばかりの存在感で、最後に心地良い余韻を残す。

今までの良さを残しつつ、新たな世界の扉を開いたほたる日和の新境地。
色んな意味できっと驚くはずだ。

ちなみに、こちらで「とるものもとりあえず」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:30| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。