2018年09月02日

「逆光」 坂本真綾

今回は坂本真綾さんの「逆光」を紹介します。
スマートフォン向けゲーム「Fate/Grand Order」第2部主題歌。

イントロの不穏なストリングスの音色。
歌いだしの"憂鬱だった"の言葉。

これだけでこの曲の持つ陰のエネルギーの存在感を感じるだろう。

繰り返す日常に対する不安。
どうしようもできない苛立ちと葛藤。

メロの部分はこの陰の部分がかなり前面に出ているのだが、サビになると一転して明るさを感じさせる。

とはいえ、純粋な明るさとは一味違う。

言うならば、どんな嵐でも走り続ければ超えられるというどこか吹っ切れたような推進力と躍動感を示したような輝き。
もっと言えば、泥臭い美しさという感じだろうか。

これを聴くと、この歌が悲しい歌ではないことに気づくだろう。

どんなに上手くいかないことがあっても、それに向き合って進もうとする姿の美しさ。

自分自身の辛い状況を描いた詩に共感しつつ、聴き手がどこか客観的に詩を見つめることで微かな光を魅せる名曲だ。

ちなみに、こちらで視聴できます。

posted by micarosu at 21:45| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。