2018年08月19日

「社歌」 Swish!

今回はSwish!の「社歌」を紹介します。
Swish!名義としては初の音源となるミニアルバム。

SunSet Swishが遂に帰ってきた。

Swish!に改名で心機一転。
ボーカルの大介さんがサラリーマンを続けながらのリリースということもあり、"サラリーマンエンターテイメント"を詰め込んだミニアルバムという形でリリースしてきた。

この変化は果たして良いものか悪いものか。
少し不安も感じながら再生ボタンを押してみたが、そんな不安の必要は全く無かった。

始まりの「君がまだ知らないから逆にいい」を聴いて、SunSet Swishが帰ってきたなという想いと共に、良い音楽だなというシンプルな想いがやって来た。
歌詞ではサラリーマンならではの視点を描きつつ、そこに片想いのもどかしさを重ねているのがなんとも愛おしい。

続く「フルタイムスマイラー」では小気味良いリズムと言葉の組み合わせで魅せてくれたかと思えば、名バラード「魔法のパスタ」を染みるように聴かせてくれる。

「魔法のパスタ」は既にCMソングとしてもO.A.されている時から圧倒的名曲だと思っていたが、こうしてフルで聴いてみるとまた込み上げてくるものがある。

君と過ごす生活の中であった悲しいことや楽しいこと。
そのいろんな場面で違う表情を見せる君のパスタがあったことを思い出し、いつも支えられていたこと、そしてこれからも支えていきたいという想う。

その歌詞をSwish!らしい美しいメロディと大介さんの伸びやかで真っ直ぐな歌声で聴かせてくれる。
これが彼らの"歌"だなと改めて感じた。

電子音が印象的な「サントワマミー」の心地良いテンポと少しの浮遊感に、「モテない同盟」の爽快感も最高なのだが、「世界一の夏」の少し陰のあるメロディと音色の世界も注目したい。

イントロの雰囲気から漂う悲しい雰囲気。
ここからは、あのとき手を離してしまった君とのことを嘆いている様子が伝わってくるのだが、また君のために歌いたいというサビの想いを聴いていると不思議と温かい気持ちになってくる。

それは、活動休止を経て、Swish!として再開した今の彼ら自身にも繋がる言葉だからなのかもしれない。

Swish!としての初の音源。
名刺代わりの一枚であると同時に、間違いなく名盤といえる一枚だ。

ちなみに、こちらで「魔法のパスタ」が視聴できます。

ミニアルバムの視聴動画は公式サイトへ。

posted by micarosu at 22:29| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。