2018年07月22日

「TOP OF THE WORLD」 FUNKIST & 二人目のジャイアン

今回はFUNKIST & 二人目のジャイアンの「TOP OF THE WORLD」を紹介します。
FUNKISTと二人目のジャイアンによるスプリットミニアルバム。

熱量と格好良さ。
聴いた瞬間から別格だった。

FUNKISTと二人目のジャイアンという生粋のライブバンドがタッグを組んだ今回の作品。

"Get a TOP OF THE WORLD"
歌いだしから彼らがタッグを組んだ意味を全力でぶつけてくる。

両バンドともメロディの良さは折り紙つきで、そこにFUNKISTと泥臭さと繊細さ、二人目のジャイアンの華やかさと躍動感が加わることで、唯一無二の楽曲に仕上がっている。

元々この楽曲メインのシングルとしてリリースする予定だったようだが、思っていた以上に良い楽曲が生まれたということでミニアルバムになったこともあり、他の楽曲も非常に聴き応えがある。

ホーンの音色が残す余韻が心地良い名バラード「#君に届け」に、それぞれのバンドが音色の世界でバトルを繰り広げるような焦燥感と躍動感を持ったインスト曲「Asian Sunrise」。

わずか2分ちょっとの時間に彼らの魅力をギュッと詰め込んだ華やかな「Never Give Up」に、少し力を抜いたようなゆるさの中でも魅せるところは魅せる「オシャダンのテーマ」。

個性と個性がぶつかりあうことでできた名盤。
充実すぎる内容で、もっと聴きたいと思わせてくれるほどの一枚だ。

ちなみに、こちらで「TOP OF THE WORLD」が視聴できます。

posted by micarosu at 23:44| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。