2018年07月15日

「COALAMODE.2〜街風泥棒〜」 コアラモード.

今回はコアラモード.の「COALAMODE.2〜街風泥棒〜」を紹介します。
コアラモード.の2ndアルバム。

「大旋風」、「花鳥風月」の衝撃。
このシングル2曲は、これまでの彼らのイメージを大きく変えた。

この流れでリリースされたのが今回のアルバム。
どんな内容になるか気になって聴いてみると、そこにあったのは王道のポップスの数々だ。

「トライアゲイン」という非常に爽やかで綺麗なポップナンバーに始まり、ちょっと懐かしさを含んだフックのあるメロディの「恋愛定規」へと続き、ここで早くも「花鳥風月」の登場。

凛とした空気感を漂わせながら、壮大な音色と大地に根付くような力強い歌声がその真ん中を突き抜けていく名曲。

アルバムの最後に置いてもおかしくないくらいの壮大さを持ち合わせているだけに、曲順を見た時はこの位置ではどうなのだろうとも思ったが、聴いてみるとここしかないだろうというくらい秀逸な掴みの3曲となっており、これを聴いたら最後まで耳を傾けないわけにはいかない。

ここからはよりポップな楽曲が並ぶ。

「バードマン」、「ごらんください」の心地良いナンバーをはじめ、思わず体が動き出してしまいそうなリズムとテンポが引っ張る「ホップステップジャンプ」、童謡のような耳なじみの良さを持った「どろぼう猫」に、次々と動物たちが出てくる愛くるしい「気球にのって」。

「大旋風」のような格好良いバンドサウンドで疾走するナンバーや、綴られた言葉が魅せる心情描写と繊細なメロディが耳に残る「僕に足りないものは」のような上質なバラードナンバーが入ることで、相互に楽曲の良さを引き立てあっているのも非常に良い。

これぞ王道のポップス。
その中にコアラモード.らしさを詰め込んだ珠玉の一枚。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
大旋風
花鳥風月

posted by micarosu at 21:51| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。