2018年07月01日

「歓声前夜」 SUPER BEAVER

今回はSUPER BEAVERの「歓声前夜」を紹介します。
約2年ぶりのフルアルバム。

「歓声前夜」
すごく印象的なタイトルだ。

歓声が起こる前の夜。
このアルバムはまさにそのタイトルの通りで、これから歓声を起こすための一歩を踏み出す言葉が数多く並んでいる。

「ふがいない夜こそ」の"不甲斐ない夜こそ本当は出口だ"に始まり、あなたの声を聴かせてと歌う「虹」に、今できることを躊躇わないでと歌う「閃光」。
始まりのこの3曲を聴けばその意味がわかるのではないだろうか。

更に聴き進めると、アルバムにはもう一つの面があることに気づく。
それは"幸せ"だ。

今作ではこの"幸せ"という直球な言葉が何度も出てくる。

その中でも核となるのがその名も「シアワセ」。

静かな始まりから徐々に音と歌声の熱量が上がっていく名曲。
かなりの存在感を放つ楽曲なのだが、最近の楽曲ではないよなと思って調べてみたら、メジャー時代のシングル曲の再録とのこと。

この楽曲をあえて今持ってきたこと。
それはタイトルの通りの"幸せ"をこのアルバムを通して感じて欲しい想いがあったのかもしれない。

また、この楽曲の配置はすごく重要で、ここで高まった幸福感を持ったままシングル曲でもある「美しい日」、幸せと歓声というアルバムの中心的なテーマの楽曲「嬉しい涙」と流れていく展開は最高の言葉しか出て来ないほど素晴らしい。

最後は「全部」がこれら全ての想いを受け止めて心地良い余韻を残すのも一つ聴きどころ。

歓声への一歩と幸せ。
その大きなテーマについて、非常に熱く真摯に聴いてくれる"あなた"に歌う一枚だ。

ちなみに、こちらでアルバムのトレーラーが視聴できます。

posted by micarosu at 22:13| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。