2018年06月17日

「-ing」 椎名慶治

今回は椎名慶治さんの「-ing」を紹介します。
椎名慶治さんの4thアルバム。

SURFACEの再始動も記憶に新しい中でリリースされた椎名慶治さんの最新アルバム。

どんな作品になるか気になっていたが、聴いてみるとやはりSURFACEでは無く、椎名さんのソロ作品なんだなと思わせてくれる。

それでいながら更に今を飛び越えていけ!という自分自身に向けたメッセージも強く感じる。

全英語詩の「R U ready 2 jump wiz me?」で"Never ever looking back"のようにわかりやすい前向きな言葉が並べたかと思えば、続く「20th century boy」は跳ねるようなリズムで前へ前へと進む意思全開の言葉とメロディで駆け抜け、「咲き誇れ」の未来感と格好良さを持ったデジタルなロックナンバーで最高に弾けていく。

でももちろんこの流れだけでは終わらせない。

もう会えない人に向けた言葉が印象的な「天国で会いましょう」に、妖艶な「SLIT」に、「凹凸」のしんみりと聴かせる極上のバラードナンバーであったり、より大人になった言葉と聴かせる歌を次々に畳み掛ける。

ここですっかり心が落ち着いてしまったが、ピアノとストリングスの音色が印象的な華やかな疾走感ナンバー「RUNNING-MAN」で再び立ち上がらせ、「君の叫びは僕に届く」の真っ直ぐで強めの言葉が聴き手の心をまた射抜いていく。

「あんたがいなけりゃよかったのに」、「点 -roots-」という今までに無い新鮮な楽曲を挟み、「5月27日」という楽曲が待っている。

この日付を見て、SURFACEのファンであればピンと来るのではないだろうか。
SURFACEのデビュー日であり、SURFCAEの再始動の日である。

歌詞を聴いていると、もう狙っているのは無いかというくらいSURFACEと、永谷さんへの想いが溢れていて、自然と込み上げてくるものがある。

間奏の入りで"ギター"と紹介と煽りを入れるのだが、気になって歌詞カードを見てみたらギター永谷喬夫と書いてあるのではないか。
しかも編曲まで永谷喬夫さんなので、ソロ楽曲ではあるがSURFACEに近い楽曲になっている。

この「5月27日」でアルバムが終わってもおかしくないのだが、最後には「メッセージ」という楽曲で"まだ終わらない"というこれからについてのメッセージを残していることで、これまでの想いとこれからへの想いが心地良く混ざり合って聴き終えられるのが非常に良い。

椎名慶治さんはまだまだ駆け抜けていく。
SURFACEとは違う椎名さんの姿を楽曲から感じてみて欲しい。

ちなみに、こちらでアルバムのトレーラーが視聴できます。

posted by micarosu at 22:23| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。