2018年05月27日

「VOICE」 松井まさみち

今回は松井まさみちさんの「VOICE」を紹介します。
松井まさみちさんのニューアルバム。

「VOICE」。
その言葉にみなさんは何を感じるだろうか。

アルバムタイトルであると同時に、リード曲でもある「Voice」。
松井さんはここに、生きてきた中で得た真実込めている。

"それはVoice"
何度も歌われるその言葉には、辛いとき、悲しいとき、嬉しいとき、どんなときにも歌声があり、その全てが今の自分の糧となっているという想いが滲み出ている。

声の力。
それはこのアルバム全体からも感じることが出来る。

三叉路時代の名曲のセルフカバー「もっともっと 2017」のような力強い歌声、「Teen Age Story」の跳ねるようなリズムを駆け抜けていく軽快な歌声、「雲雀の謳」のような民族調の音色を聴かせる曲では少しトーンを落として神秘的な歌声を響かせるなど、歌声一つで様々な景色を聴かせてくれる。

これこそ本物の歌。
現代の人達が忘れかけている歌に是非浸ってみて欲しい。

ちなみに、こちらで「VOICE」が視聴できます。

posted by micarosu at 23:50| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。