2017年11月11日

Moonlight J-POP 17年7月篇

今回は2017年7月度のマイベストを紹介します。

7月からサブコンに参加していない関係で、聴いている曲数が減っています。
そこで従来のTOP10から減らしてTOP3を紹介する形にします。

投票には参加しておりませんが、引き続きサブコンもよろしくお願いいたします。
ダウンロード

3.天国/Brian the Sun

メロディアスなバラードナンバー。
君と居ることが幸せでまるで天国のようだったという想いの純粋さと深さを、ストリングスのような音色が入ることで壮大に包んでくれるのがなんとも印象的。

真っ直ぐだけど繊細。
こんな楽曲が聴けるとは思わなかった。


2.gloomy box/オルターリードコード

どこか懐かしい歌謡曲感を漂わせながらも確かで巧みな演奏力とアレンジで惹きこんでいく。
音の構成につい耳が行きがちだが、これを可能にしている耳に馴染むメロディと儚い歌詞の想いをそのまま歌い上げる声の存在があるからこそ、オルターコードにしか出来ない名曲へと昇華させていることが素晴らしい。



1.流転/homme

イントロのアコギとコーラスから怪しげな雰囲気を漂わせて、ミニアルバムの始まりから一気に惹きこんでいく。
決して速くは無い淡々としたリズムの楽曲なのだが、不思議と体が動かしてしまいそうな原動力を秘めていて、聴き終えた後に爽快感を覚えるのが面白い。



以上、2017年7月度のマイベストでした。

それぞれ収録アルバムのレビューは書いているので、ここをご覧の方には馴染みがある楽曲ですかね。

hommeのミニアルバムに関しては本当に名曲しか入っていないというくらいの作品で、ランキングはつけていませんが4位以降をつけるとほぼ全ての曲が入るのではないかと思います。

人気曲が多く収録されたそのミニアルバムの中で、唯一の新曲「流転」が一番好きでした。
レビューは上の通りですので、是非一度聴いてみてもらいたい。
posted by micarosu at 11:20| Comment(0) | Moonlight J-POP | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。