2017年10月15日

「SIREN」 広沢タダシ

今回は広沢タダシさんの「SIREN」を紹介します。
広沢タダシさんのニューアルバム。

アルバムを聴き始めた瞬間に衝撃が走った。
その理由は一曲目に収録されている「ふるさと」だ。

不穏なオルガンの音色から始まる深く壮大な世界。
あまりにも深くて聴いているだけで息を呑んでしまうほどだが、そこを生きるメロディの懐かしさは不思議と安心感を与えてくれる。

"ふるさとの宇宙"
まさに詩に綴られているこの言葉を体現したような音色とメロディ。

正直言葉だけで表現するのは難しいほど素晴らしい名曲。
この楽曲からアルバムは始まっていく。

アルバムを聴き進めていくとわかるのだが、この「ふるさと」も含め綴られた言葉の数は少ない。
だが、歌詞の一文一文が非常に深く重みのあるものになっていて、どこか一箇所だけを切り取ってみてもその想いの強さを感じることが出来る。

「Siren」のイヤホンの中の世界に閉じこもりすぎていることへ警鐘であったり、Twitterのように言葉をいくつも並べながら、大切なものを忘れてないで欲しいと願う「Twitter in the Fog」、全英語詩でありながら"3.11"という言葉に思わずハッとなる「3.11」などはその代表格。

詩のことを中心書いたが、広沢タダシさんといえば珠玉のメロディメーカー。
「Blue Car」や「Looking Down on the City from the Rooftop」、「Just like your Place」など、落ち着いた世界観で魅せる美しいメロディは今作でも健在なので安心してほしい。

リリース毎に深みを増していく広沢タダシさんだが、今作は桁違いに深さと重みが増した。
それでいてどこか懐かしく安心感のあるメロディを紡ぐことにより、聴く人の心に訴えかけるアルバム。

広沢タダシさんからのSIREN(警鐘)を感じてみて欲しい。

ちなみに、下記リンクから各楽曲が視聴できます。
ふるさと
SIREN

posted by micarosu at 22:15| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。