2017年08月20日

「gloomy box」 オルターリードコード

今回はオルターリードコードの「gloomy box」を紹介します。
オルターリードコードの1stフルアルバム。

巧みな展開と演奏だけでなく、メロディと歌声の儚さから生み出される唯一無二の世界観が印象的だった2枚のシングル「LIKE A STAR」と「センチメンタル・ララバイ」。

これを聴いたときからアルバムが非常に楽しみだった。
満を持してリリースされたこの「gloomy box」はその期待を裏切らないものだった。

まずシングル2曲は間違いないわけだが、「LIKE A STAR」に関してはシングルよりテンポが少しだけ遅くして、深みと広がりを増した音で聴かせる構成がたまらない。

タイトル曲でもある「gloomy box」も聴き逃せない。

どこか懐かしい歌謡曲感を漂わせながらも確かで巧みな演奏力とアレンジで惹きこんでいく。
音の構成につい耳が行きがちだが、これを可能にしている耳に馴染むメロディと儚い歌詞の想いをそのまま歌い上げる声の存在があるからこそ、オルターコードにしか出来ない名曲へと昇華させていることが素晴らしい。

またバラードナンバーも非常に良い。
シングルのカップリングであった「雨の日に・・・」は、アルバムVer.となり雨の日のような少し湿っ気のある空気感に広がっていく音が心地良さを増していたり、「またね、ありがとう。」のような一途な想いが真っ直ぐに響いてきて、切ない気持ちにさせてくれる。

シングルで魅せたセンスはそのままに、音の深みを増してより惹きこませる内容となったアルバム。
名盤。

ちなみに、こちらでアルバムのトレーラー映像が視聴できます。

posted by micarosu at 21:45| Comment(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。