2017年04月30日

「さしすせそズ2」 さしすせそズ

今回はさしすせそズの「さしすせそズ2」を紹介します。
さしすせそズの2ndミニアルバム。

キャッチーなメロディ。
格好良く聴かせる演奏とアレンジ力。
それでいて歌詞では遊び心溢れる言葉選びをしているので、なんだかクセになってしまう。

「O.P.P.」はまさにその代表格で、こんな良いメロディにこんな歌詞を乗せてしまうなんてと思わず突っ込んでしまいそうになるが、そのセンスこそが彼らの魅力でもある。
(ちなみに、「O.P.P.」とはお腹ピーピーのこと)

そんな遊び心ある前半と打って変わって、後半は聴かせる楽曲が並ぶ。

イントロから歌謡曲感漂う「鶯谷ラブロマンス」は、懐かしいメロディと感慨にふける詩の内容が絶妙に絡みあう名曲。
今までのキャッチーさとは違い、哀愁漂う音色が見せるシチュエーションに心が揺さぶられる。

続く「馬鹿げた話」の静かなテンポで聴かせる葛藤の姿がとにかく切ない。
音楽としてだけでなく、一つの歌として良いなと思わせてくれる。

最後の「バンドメン」はバンドとしての目標というより決意を込めた言葉が印象的。
じわじわと感情を湧き上げるようなリズムと力強い音色が心地良く真っ直ぐに聞かせてくれる。

クセになるキャッチーさから聴かせる楽曲まで。
さしすせそズの可能性が詰まったミニアルバムだ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
WEEKEND
O.P.P.
アルパカに乗って
全曲視聴動画
posted by micarosu at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック