2017年01月15日

「孤独なユメ」 まり子

今回はまり子さんの「孤独なユメ」を紹介します。
まり子さんの2ndフルアルバム。

キーボードメインのアコースティックなサウンド。
普通ならそれらは優しい印象を与えると思うが、ここでは少し違う。

感情の起伏、主に陰や闇の感情が繊細に奏でられている。

もちろんその世界を形成する最たるものは歌詞だ。

一曲目の「タイムカプセル」からその片鱗が見え、素直になれなかった子供の頃の悩みや葛藤が描かれていて、聴いていると胸をしめつけられそうになる。

でも決して暗いだけの歌ではない。
そのとき言えなかった夢に向かって進もうとするメッセージがサビで力強く歌われていることで、より聴き手に寄り添うような楽曲になっている。

アルバムは全体的に近いテーマの楽曲が並んでいるが、それぞれに言葉だけでは語りきれない想いが歌声が伝わってくる。

中には「悲劇のヒロイン」のように悲痛な叫びを歌うものもあるが、「世界は真っ暗で空には満天の星」のように自分なりに理解しようとする姿を少しだけ軽快なメロディの中で力強く歌う姿や、「幸せのカタチ」のように自分を変えようとする姿に勇気をもらうこともできるだろう。

陰の感情というのは誰もが持っているもの。
それを赤裸々に描いたこの楽曲達は、きっと多くの人に心に寄り添えるものになると思う。

ちなみに、こちらで「タイムカプセル」が視聴できます。
(曲は2:56から。アルバムにはバラードVer.を収録。)

posted by micarosu at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445952853

この記事へのトラックバック