2016年12月29日

2016年お気に入りのアルバムたち

年末恒例の一年の振り返り企画。

今日は第1日目ということで、「2016年お気に入りのアルバム」を紹介しようと思います。

まずは20位〜11位まで。

20位:「ニューフォークロア」 GOOD BYE APRIL
19位:「孤独なユメ」 まり子
18位:「スペースエコー」 nano.RIPE
17位:「Velocity One」 松ヶ下宏之
16位:「Fist STORY」 碧井愛莉
15位:「さしすせそズ」 さしすせそズ
14位:「MY LIFE IS MY LIFE」 椎名慶治
13位:「TIMELESS WORLD」 コブクロ
12位:「27」 SUPER BEAVER
11位:「TOWA」 ゆず

続いて10位〜1位。
ここからはショートコメントをつけて紹介します。

10位:「アイリー」 近藤晃央

聴くほどに感じる様々な感情。
喜怒哀楽、色んな感情が詰まった感情の生きているアルバム。




9位:「エミリー」 図鑑

悲しさや後悔を軽快でシンプルなメロディと進行で聴かせ、悲しいだけでない感情を響かせる名曲「エミリー」の存在。
そして、それに負けず劣らずの楽曲が並ぶ名盤。




8位:「Innocent Age」 茅原実里

出会いから恋、愛へと変化していく感情を表現したアルバム。
アニソン系の楽曲を求めている人に物足りないだろうが、J-POPのアルバムと考えたら文句なしの一枚。
「あなたの声が聴きたくて」、「恋」、「月の様に浮かんでる」、「春風千里」の4曲の並び特に素晴らしい。




7位:「Dr.Izzy」 UNISON SQUARE GARDEN

らしさに固定概念を設けることなく、ユニゾンの良さを突き詰めた名盤。
「シュガーソングとビターステップ」だけが名曲ではないことに気づくだろう。




6位:「フレデリズム」 フレデリック

「オドループ」、「オワラセナイト」、「ワンダーテンダー」と中毒性の高いキラーチューンのイメージが強いが、このアルバムでそのイメージが払拭できた。
アルバム曲がどれも素晴らしいのだが、「ナイトステップ」のどこか懐かしい歌謡曲テイストのダンスミュージックの完成度には驚かされた。




5位:「花一匁」 結花乃

透明感がありながら、感情が滲み出る歌声。
タイトル曲「花一匁」の独特の世界観から、繊細なバラードまで、彼女の歌声の魅力が詰まった一枚。




4位:「朝焼けアンダンテ」 カラーボトル

明確な意思。
圧倒的な熱さでは無く、滲み出るような熱さを携えたアルバム。
こういうカラーボトルも良い。


3位:「混結花」 homme

綴られた言葉を自然なメロディと歌声で紡いだ音楽。
ミニアルバムなので全6曲と短い内容だが、全ての楽曲が素晴らしく、ミニアルバムとは思えないほど充実した内容になっている。
初の全国流通盤にして最高の一枚。




2位:「アスナロウ」 Aqua Timez

シングル「12月のひまわり」で感じたAqua Timezの進化をそのまま感じることが出来る名盤。
飛びぬけた存在感の「アスナロウ」から、今まで以上に音楽の幅を広げた楽曲達が次々と迎え撃つ。
正直ここまで新しい一面を見れるとは思わなかった。




1位:「ダウトの行進」 空想委員会

楽曲の幅、秀逸な構成、それぞれの楽曲に込めた想いの真摯さなど、どれを取っても素晴らしい以外の言葉が出てこないアルバム。
名盤中の名盤。





以上、2016年お気に入りのアルバムでした。

上位陣はこのブログではお馴染みの名前が多いですが、その中で際立っているのは結花乃さんとhommeの存在。

詳細はそれぞれレビューを書いているので、そちらを是非参照してもらいたい。

1位は空想委員会。
アルバムを聴いた時点からこれは間違いなく1位だと思えるくらい充実の一枚。

1stアルバム「種の起源」が落ち着きすぎていただけに、今回のはまさに待ってましたという内容だった。

それを最後の最後で脅かしたのがAqua Timezの「アスナロウ」。

正直ここまで進化するとは全く思っていなかっただけに、とにかく驚いた。
「12月のひまわり」が素晴らしく良い曲だったので、アルバムが傑作になるのではないかという予感が的中して本当に良かった。

Aqua Timezの中では「カルペ・ディエム」が最高だった思ってたのだが、今作が完全に上回ったと言っていい。

1位にしても良かったのだけど、ここは聴きこみ時間の差だけ。
空想委員会、Aqua Timezともに今年最高のアルバムであることは間違いないので、これを見て興味を持ったら是非聴いてみてほしい。


では、最後に今年のランキングを一覧で。

1位:「ダウトの行進」 空想委員会
2位:「アスナロウ」 Aqua Timez
3位:「混結花」 homme
4位:「朝焼けアンダンテ」 カラーボトル
5位:「花一匁」 結花乃
6位:「フレデリズム」 フレデリック
7位:「Dr.Izzy」 UNISON SQUARE GARDEN
8位:「Innocent Age」 茅原実里
9位:「エミリー」 図鑑
10位:「アイリー」 近藤晃央

11位:「TOWA」 ゆず
12位:「27」 SUPER BEAVER
13位:「TIMELESS WORLD」 コブクロ
14位:「MY LIFE IS MY LIFE」 椎名慶治
15位:「さしすせそズ」 さしすせそズ
16位:「Fist STORY」 碧井愛莉
17位:「Velocity One」 松ヶ下宏之
18位:「スペースエコー」 nano.RIPE
19位:「孤独なユメ」 まり子
20位:「ニューフォークロア」 GOOD BYE APRIL
posted by micarosu at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 一年を振り返る | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445352471

この記事へのトラックバック