2016年12月25日

「エミリー」 図鑑

今回は図鑑の「エミリー」を紹介します。
図鑑の4thアルバム。

「エミリー」という素晴らしい楽曲の存在。

シンプルなメロディと進行。
軽快な音色が演出する爽やかさ。

でも歌詞には、大切な人を失って気づいた悲しみと後悔が描かれている。

綴られた言葉だけを見ると悲しくなってしまうのだが、音色の優しさと温かさがその悲しみを受け止めつつ、前へ前へと押し出してくれるような楽曲になっている。

このバランスが非常に心地良く、聴くたびに静かに心が揺さぶられてしまう。

これだけの楽曲が1曲目にあると、他の曲が負けてしまうのではないかとも懸念したが、全くそんなことは無かった。

イントロから気になって仕方がないくらいインパクトがある「インスタントグルーヴ」のような皮肉をエネルギーに変えるような格好良い楽曲、「shine」のような少しふわっとした雰囲気を味わえる楽曲の心地良さ、「言葉」というタイトルの通り、言葉で伝えることがなかなかできない想いを染み入るように聴かせる楽曲もまた良い。

このアルバムは色んな人に聴いてもらいたい。
まずは「エミリー」を聴いて、その良さを感じてみて欲しい。

ちなみに、こちらで「エミリー」が視聴できます。


posted by micarosu at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445242489

この記事へのトラックバック