2016年12月18日

「アスナロウ」 Aqua Timez

今回はAqua Timezの「アスナロウ」を紹介します。
Aqua Timezの7thアルバム。

「12月のひまわり」のシングルを聴いたとき、いつもと違う感じがした。

Aqua Timezの集大成とも言える様なバラードナンバーだったのだが、それと同時にいつも以上に音色と言葉が響いてくることに気づいたのだ。

Aqua Timezが大きく進化しようとしている。
そう感じた思いがそのまま表れたのが今作「アスナロウ」だ。

一曲目の「アスナロウ」からもう既に飛びぬけている。

大地に響くような骨太の音色。
抑揚を持たせることでそれぞれの音色を引き立てるアレンジ。
現状を冷静に分析しつつ、これからへ向けて自らを鼓舞するようなメッセージ。
そして、サビの圧倒的な破壊力。

これまで19枚のシングル、6枚のアルバム、2枚のミニアルバムをリリースしているわけだが、その今までに無いまた新しい一面をここで聴けるとは思わなかった。

同時にこのアルバムが名盤だと確信した。

シングル曲のクオリティはもちろんだが、全編語りで歌われる「冬空」、民族音楽が印象に残る軽快な「ソリに乗って」、言葉の使い方響き方が頭から離れない「Dub Duddy〜ライブ前日に見た夢〜」、ほぼアコギ一本で歌う静かな「Pascal」など、次々から次へと違う表情見せつつ、それぞれの楽曲に明確な意思を感じさせるているのが素晴らしい。

デビューから10年を過ぎ、いよいよAqua Timezが新たなステージへと進もうとしている。
その意思と意味を感じずにいられない名盤。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
「アスナロウ」
「アスナロウ」30秒SPOT

posted by micarosu at 22:14| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445036112

この記事へのトラックバック