2016年11月27日

「約束をしよう」 碧井愛莉

今回は碧井愛莉さんの「約束をしよう」を紹介します。
碧井愛莉さんの1stシングル。

アルバム「First STORY」で魅せた繊細でありながらドラマチックな楽曲たち。
そのどれもが素晴らしいものだったのだが、そこから更に進化を遂げたのが今回の「約束をしよう」である。

イントロの民族音楽調の音色から一気に惹きこまれてしまうのだが、それと同時に聴き手の心に幻想的な世界が自然と広がっていくのを感じることになる。

始まりはどことなく陰のあるメロディと歌声が耳に残る。
これは今という現状の憂いをどことなく感じさせ、少し切ない気持ちにさせてくるが、その憂いをサビの風が通り抜けて行くような展開がスーッと晴れさせてくれる。

このメロとサビの展開はとても心地が良い。

もちろんそれは楽曲の展開だけでなく、詩に込めれられた感情を乗せる歌声に、今まで以上の深みが加わっていることも大きい。

その歌声の魅力を感じるという点においては、カップリングの「時の旅人」も外せないだろう。

今を生きる中で感じる理不尽や憂鬱といったことに悩む姿。
全ての本質へと問いかけるような言葉は深く、重みがある。

それでも全体を通して希望を感じさせてくれるのは、詩の最後に見せる希望へと導いていく、歌声の表現力によるものだろう。

希望を歌うことは簡単ではない。
でもこの2曲は、本当に伝えたい言葉とそれを届けようとする歌声があるからこそ活きた希望を描いた楽曲になっているのだと思う。

こういう曲は多くの人に聴いてもらいたい。
そう思える楽曲だと思う。

ちなみに、こちらで視聴できます。

posted by micarosu at 22:09| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/444387561

この記事へのトラックバック