2016年10月02日

「朝焼けアンダンテ」 カラーボトル

今回はカラーボトルの「朝焼けアンダンテ」を紹介します。
カラーボトルの1年ぶりとなるアルバム。

明確な意思。
圧倒的な熱さでは無く、滲み出るような熱さを携えたアルバム。

その片鱗は先行配信の「火をともせ」で示されていた。

炎では火をともすという表現からも、今という現状を少しでも変えていけという想いが感じられるが、その感じた想いそのままを表す歌声が心を揺さぶってくれた。

そしてもう一曲。
MVが公開されている「トレジャー」で魅せてくれた大地に響くような確かな音と、広がりのある歌声と流れるようなメロディ。

この二曲を聴いたときから、今回のアルバムは今までにない面白いものになると感じていたが、まさにその通りだった。

今回歌声の圧倒的な熱さは無いが、その代わりメロディが非常に引き立っていて、こういう楽曲でも歌声が活きるのだというのを改めて感じた。

「トレジャー」もその一つだが、「最悪な朝」のようなダンサブルなナンバーや、「アサガオ」のような繊細なバラードで見せる歌声の悲しい表情もまた良い味を出している。

それでいながら「笑う魂」のようなカラーボトルらしい楽曲や、ボーナストラックの「10年20年」のLIVE Ver.が収められているなど、従来からのファンから新たに知った人にも楽しめるアルバムになっているのは嬉しい。

ここまで聴いて感じたのが、カラーボトルの今までの全てと、飾らない等身大の想いを込めようとしているんだなということ。
言い換えれば、らしさを活かしつつ、今だからこそできることを追求したからこそ生まれたアルバム。

まだまだ止まらないカラーボトルの今を感じてみて欲しい。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
「トレジャー」
「火をともせ」
posted by micarosu at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック