2016年06月05日

「アイリー」 近藤晃央

今回は近藤晃央さんの「アイリー」を紹介します。
近藤晃央さんの2ndアルバム。

前アルバム「ゆえん」から約3年。
待ちに待った近藤晃央さんの新しいアルバム、その名は「アイリー」。

"キミは何色…?"
という問いかけでいきなりハッとさせる「グラデーションフライ」の始まりから、今までより心の奥底に響く音楽がここにあることに気づく。

そこからシングルにもなっている「心情呼吸」、「あい」から「ビビリーバー」という心情に訴えかける名曲に酔いしれたさせたかと思えば、「恋文」の君を想う繊細で臆病な感情が胸に温かさを与えてくれる。

ここまでの展開だけでも素晴らしいのだが、ここからさらに攻勢を強める。
「あの娘が嫌い -Album Ver.-」では妬み、「理婦人ナ社会」では社会風刺と、それぞれ強く深い言葉を並べ、それを陰のあるロック調の音と歌声で訴えかけてくる。

そこから「アイリーズ」、「六月三日 -Album Ver.-」、「なんのおと?」、「かわいいひと」の優しいメロディで負に染まったオーラを払拭していく。

「ブラックナイトタウン」、「月光鉄道」とどことなく暗そうな雰囲気を醸しだした曲が続くが、そこに映しているのは闇ではなく、そこからの光。

そしてその希望の姿を命という形で表現した「ともしび〜いのちのうた〜」で、アコースティックの音と柔らかな歌声で包み込んでいく。

このアルバムの中にはこのように喜怒哀楽、色んな感情が詰まっている。
それも決して一つの形ではなく、時に強く、時に優しく聴き手に訴えかけてくる。

だからなのかもしれないが、聴く日、時間、気分によって良さが変わってくる感じがある。
言うならばアルバム自体が生きているよう。

一度ならず二度、三度聴くとまた違った良さが見えてくるアルバム。
これは興味深い。

ちなみに、こちらでアルバムの全曲ダイジェストが視聴できます。

posted by micarosu at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック