2016年04月02日

MILKRUN×AUDIO RULEZ限定復活LIVE

2016年4月1日、場所は渋谷egg-man。
MILKRUN×AUDIO RULEZの限定復活LIVE。

そのライブレポートを書いてみようかと思う。

大好きなバンドであるMILKRUN・AUDIO RULEZの復活ライブ。
夢にも思わなかったこのライブの告知には本当に驚いた。

先行予約でチケットを無事に確保し、迎えた当日。

写真撮影・録音OKという粋な計らいのアナウンスからメンバー登場。

一曲目は「この場所から」。

MILKRUN時代のアルバム「くちびるに歌をもて」の実質一曲目(本当は「O'jatta Monce」が一曲目だが)を聴くと、MILKRUNが戻ってきたと感じた。
戻ってきたと感じたと書いた通り、とても解散から11年も経ったとは思えない歌を聴かせてくれたのが嬉しかった。

次の「Rhythm Tripper」はAUDUO RULEZ時代のアルバム「AUDIO RULEZ」の最初に収録されていた楽曲。
この2曲を続けることで、MILKRUN、AUDIO RULEZが本当に復活したんだと改めて感じた。

MCを挟みここからいよいよ本番。

「記憶の恋人」、「TONIGHT」、「羅針盤」と次々と名曲を畳み掛ける。
まさか「夜空へと」のカップリング曲だった「記憶の恋人」を生で聴ける日が来るとは思わなかった。

そしてここからはアコースティック・パートへと突入。

路上時代にやっていたという「バーバラ・アン」で美しいハーモニーを聴かせてくれた後、「僕がいなくなる」、「アンフェア」と聴かせる楽曲で魅了していく。

このパートの締めはデビュー曲「夜空へと」。

もうあんな高音は出ないとは言っていたが、美しいメロディを美しい歌声とハーモニーで聴かせてくれた。
バンドという形態で、全員がこんなきれいなハーモニーを奏でられるのはやはりMILKRUNしかいない。

解散から11年も経っているとは、にわかには信じられないくらい完璧だった。

アコースティック・パートの次は「Starting Over」。
これはAUDIO RULEZの解散ライブの日にだけ歌われたという幻の楽曲。

Wikipediaで見たことしかなかった曲を今こうして聴くことができるというのは、なんとも感慨深い。
しかもこれがまた名曲なので、当時リリースされなかったのが本当に惜しい。

続くのはこの日のために用意した新曲「Live Again」。
歌いだしは静かな音だが、徐々に厚みを増していく音と歌声が熱い名曲。

ライブ中は格好良い以外の言葉が見つからないくらい格好良かった。

盛り上がりを増してきた中で次は「ニューエイジドリーム」。
AUDIO RULEZのデビュー曲であるこの曲が持つ不思議な力なのだろうか、会場が一瞬にして飲み込まれるのがわかった。

そのまま「孤独ライダー」、「凡人」、「ラプソディー」と熱い楽曲を掻き鳴らして、観客のボルテージを高めたまま一度ライブは終了。
(ちなみに「凡人」と「ラプソディー」は初めて聴いたが良い曲だった。音源化されることはないだろうか?)

そしていよいよアンコール。
まずは「雨の中で」。

本当大好きな一曲で、これが生で聴けただけで幸せ。
もちろん名曲だが、実際に肌で感じる音と歌声には音源以上の想いが感じられ、泣きそうになった。

続く曲が本当の最後。
「嘘のない歌」。

疾走感溢れるこの楽曲が最後の最後で観客を連れて駆け抜けていった。
みんなが一体となっていたあの空気は忘れることはないだろう。

全17曲。
2時間半程度ではあったが、最高の時間を過ごさせてもらった。

もちろん楽曲もそうなのだが、博長さんのトークも楽しかった。

他のメンバーがあまりしゃべらないのでほぼ一人で話していたのだが、話の持っていきかたから間の取り方まで本当に上手。
今でもラジオをやったら面白そうなんだけどな。
(自虐ネタをもう少し聞いてみたい。頑張って作ったCDがamazonで1円だったとか(笑))

あ、そうだ。
一つ書き忘れるところだった。

アンコールの2曲はこの日にやったということがとにかく神がかっていた。

エイプリルフールだけど「嘘のない歌」だし、「雨の中で」の通りライブ後に雨が降るという。
MILKRUNとAUDIO RULEZは何か持っていたと思う。

これが一日限りなのはもったいない。
でも、一日限りだからこそ大切にしたい時間でもあった。

貴重な時間をありがとうございました。
今もこれからもMILKRUNとAUDIO RULEZが大好きです。


【セットリスト】
@この場所から
ARhythm Tripper
B記憶の恋人
CTONIGHT
D羅針盤

〜アコースティック・パート〜
Eバーバラ・アン
F僕がいなくなる
Gアンフェア
H夜空へと

IStarting Over
JLive Again
Kニューエイジドリーム
L孤独ライダー
M凡人
Nラプソディー

〜アンコール〜
O雨の中で
P嘘のない歌

DSC_0686.JPG
DSC_0687.JPG
posted by micarosu at 12:20| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ・イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック