2016年03月27日

「プリテンダー」 荒井岳史

今回は荒井岳史さんの「プリテンダー」を紹介します。
荒井岳史さんの2ndフルアルバム。

より精度を上げた繊細さ。
それを持ち合わせながら、型にとらわれない幅の広い音楽を聴かせてくれる。

「あの夏のイリュージョン」のようなどことなく懐かしい爽やかな音楽に、「ダンス・ウィズ・ザ・ワールド」のような踊りだしたなるリズムに跳ねるようなメロディの楽曲、「花火」のような普遍的なメロディで耳に馴染むバラードと、聴けば聴くほど色んなタイプの楽曲に出会うことが出来る。

その中でも圧倒的に印象が強いのが「あきらめの街抜けて」。

「23:55〜あきらめの街〜」で街の雑踏の音が響く中で静かにアコギの音色を聴かせ始め、そこから「あきらめの街抜けて」の語るようなギターのイントロへと繋がっていく。

混沌とした音色は今生きる世界を示し、歌声が連れてくるその世界の先へ行こうという気持ち。
楽曲が伝えるその感情がとても繊細で、心に染み入るように伝わってくる。

まさに聴かせる楽曲。
この楽曲は今はもちろんのこと、何年経っても聴き続けられると言っていい。

これだけの名曲と幅の広い楽曲を聴かせてくれる一枚を、聴き逃す理由はない。
この一枚で荒井岳史さんの良さを感じてもらえればと思う。

ちなみに、こちらで「あきらめの街抜けて」のPVが視聴できます。

posted by micarosu at 21:51| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック