2016年01月10日

「ヴォイニッチの手紙」 SIREN

今回はSIRENの「ヴォイニッチの手紙」を紹介します。
SIRENの1stミニアルバム。

心に届いた言葉。
それが希望を与えてくれた。

まずは「光へ」。
素朴さと懐かしさが融合したこのミディアムナンバーは、タイトルが示すように直球で爽やかな言葉がとてもよく響く。

シンプルな楽曲ではあるが、聴いた瞬間から好きになってしまう不思議な魅力がある。
これは、少年と大人の間のようなアリマヒロキさんの歌声によるところが大きい。

続く「サヨナラ世界」も素朴な雰囲気は変わらないが、サビの"サヨナラ世界"の言葉の中に綴られたもの以上の想いを感じさせる深さがある。

ここまで素朴な楽曲が続いたが、「Afterglow」では疾走感溢れるロックサウンドを聴かせてくれる。

離れ離れになった人への想いを綴っているのだが、哀しい気持ちが少しずつ強い気持ちに変わっていく姿には、勇気をもらわずにはいられない。

「金手川」も近いテーマではあるが、「Afterglow」より繊細に気持ちをメロディとサウンドで綴っているのが印象に残る。

そして、最後の「群青より」。
これまでとは違い、深く重厚感のある世界が一気に押し寄せてくる。

不器用なりに生きていくことの大切さ。
それを心の奥の叫びのように綴り歌い上げる声に、惹きつけられてしまう。

言うならば歌声が朝日を引きずり出してくれるような力強さ。
それがこの楽曲にはある。

全体を通して希望を感じることが出来るが、その形は様々だ。
でもどれも間違いなく希望を感じさせる力を持っている。

一度聴けばその意味がわかると思う。

ちなみに、こちらで「群青より」が視聴できます。

posted by micarosu at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック