2015年10月25日

「リベンジポルノ」 増田ミシン

今回は増田ミシンさんの「リベンジポルノ」を紹介します。
増田ミシンさんの1stアルバム。

押し寄せる感情の渦。

妬みや願いを曝け出すように歌いあげる言葉に、その感情を描き出すように鳴らす緊迫感漂うエモーショナルなサウンドが響いてきたら、耳を傾けないわけにはいかない。

始まりを告げる「ゴウハイド」の届かない想いへの自問自答からただならぬ情念を感じたかと思えば、「空の淵」の生きていることへの葛藤と流れていく時間に取り残されているような焦燥感漂うサウンドに心奪われてしまう。

タイトルが印象的な「呪い」では、その言葉に込めた妬みの感情が畳み掛けるメロディと歌声の渦に乗って痛いほど突き刺さる。
その感情がただの妬みではなく、そう思ってしまう自分が嫌いだとわかってしまっていることまで綴っていることで、こんなにも心が揺さぶられるのだろう。

最後の「だいじょうぶ」では一転してこれらの感情を優しく包んでくれる。
ここまで感情を揺さぶり続けてきただけに、最後に見せた優しさは想像以上に温かく届く。

全8曲。
その中にあらゆる感情を詰め込んだ渾身の一枚。

これは本当に聴いてみて欲しい。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
「ゴウハイド」
「空の淵」
「呪い」
「深窓の令嬢」
「リベンジポルノ」SPOT

posted by micarosu at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/428484638

この記事へのトラックバック