2015年10月04日

「before light」 keeno

今回はkeenoさんの「before light」を紹介します。
keenoさんの2ndアルバム。

音という空気の振動の中に、どうしてここまで感情と空気感を込められるのだろう。

アルバムの始まりを告げる「morining haze」。
そこにはタイトルにもある朝靄とともに湿度を感じた。

それは朝靄そのものであり、僕の涙でもある。
多くを語らずとも音の中でその感情を聴かせることで、綴られた言葉がより鮮明に、でも溶け込むように響いてくる。

最後の"痛いな"は胸が締め付けられそうになるくらいの深みがある。

そこから「decide」、「yours」と終わりを感じさせるミディアムテンポのナンバーで、最後のコーラスまで息をつかせない展開を聴かせてくれたかと思えば、中盤の楽曲では心の奥に抱えきれなくなった感情の吐露が切なく響く。

沈みかけた心に「madder」のリズムと言葉が微かな光を灯し、最後の「before light」で色んな感情が込み上げてきて涙を見せるが、全てを受け止めることができて前を見ようとしている姿がどことなく感じられ、切なくも温かい気持ちを持った余韻に浸らせてくれる。

メロディや言葉の良さだけでなく、それを響かせる音としての素晴らしさ。
それが十二分に感じられる一つの名盤。

自然な気持ちで聴いてみて欲しい。

ちなみに、こちらで全曲クロスフェードが視聴できます。

posted by micarosu at 22:23| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック