2015年08月30日

「SNIPER」 はいざらこうかん

今回ははいざらこうかんの「SNIPER」を紹介します。
前作「のるかソウルか」から約8ヶ月でリリースされたミニアルバム。

「SNIPER」という名曲の存在。
それはまるで、ランプの灯のような温かく優しい音楽。

でもただ優しいわけではなく、その歌声に宿る魂が確かな熱さと切なさも連れてきて、聴く人の感情を揺さぶる。
絶妙に絡むサビのコーラスも心地よく、この音世界にずっと浸っていたいと思えてくる。

こんな素晴らしい楽曲が入っているこのミニアルバムが、素晴らしくないはずが無い。

一曲目の「パラレルワード」は、アコギの繊細な音色から広がりを見せるように入ってくるイントロを聴いただけでも虜になってしまうが、混沌とした世界観を表現した音とアウトロの巧みさは思わず唸ってしまう。

「trip」の攻撃的なアコギのイントロも印象的で、夜の闇を静かに確かに進んでいく言葉と音の展開に呑まれてしまったかと思えば、「全て」のように自分自身に語りかけるよう歌声に滲み出る感情に愛おしさも感じさせてくれる。

巧みな音使いと感情を揺さぶる歌声。
それを詰め込んだ「SNIPER」という名盤を聴かない手は無い。

ちなみに、こちらで「SNIPER」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:05| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/425061658

この記事へのトラックバック