2015年07月05日

「one+works」 感傷ベクトル

今回は感傷ベクトルの「one+works」を紹介します。
感傷ベクトルの同人時代の自主制作ベスト盤をリマスタリングした「one」と、田口囁一さんが提供した楽曲や他アーティストとコラボした作品などをコンパイルしたワークス集「works」の2枚組。

同人時代からこんなにすごかったのか。

「forgive my blue」、「Hide & Seek」というギターを掻き鳴らしながら疾走していく曲の格好良さ。
「孤独な守人」、「冬の魔女の消息」、「人魚姫」、「退屈の群像」、「深海と空の駅」と次々に繰り広げられる物語の世界。
そしてそれらを融合した一つの完成形ともいえる「none」の存在感。

どことなく陰を感じさせつつ前を向こうとしている姿に、メロディのドラマチックさ、魅せる演奏は、今聴いても素晴らしさを感じる。

また、この物語性は「シアロア」、焦燥感や葛藤といった詩の内容は「君の嘘とタイトルロール」にも繋がるという点も面白く、それぞれのアルバムを再び聴きたいと思わせてくれる。

2枚目の「works」は提供曲や企画曲で構成されていて、とにかく華やかな一枚。

茶太さんに提供した「Kaleidoscope」、「あやとり」は柔らかさの中に巧みなポップさを感じさせ、三澤秋さんに提供した「残り香」、「フォノトグラフの森」物語と音の親和性の高さに思わず唸ってしまう。

ゲームのBGMとして書き下ろした「お宝発掘ジャンクガーデン」、「ルナマウンテンを超えて」、「地獄の深道」は一瞬聴いただけで印象を残したかと思えば、インスト曲「死神の子供達」は詩がないのにじんわりと物語の姿を目に浮かべさせてくれる。

Annabelさんが歌う「Call Me」、「I.C」はどちらも感傷ベクトルらしさを感じさせる曲で、デュエットの「かつて小さかった手のひら」からもAnnabelさんの歌声との相性の良さが伺える。
相性という点ではIAをfeat.した「フラワードロップ」も外せない。

逆に攻撃的なサウンドの「ib-インスタントバレット-」という楽曲も聴き逃せない。
感傷ベクトルとしては珍しいが、魅せる編曲と演奏が聴き手をこれでもかというくらい惹きこんでいく名曲。
こういった楽曲も今後どこかで聴いてみたい。

「one」+「works」。
どちらも内容こそ違うが、過去と未来を繋ぐという意味では共通している。

感傷ベクトルのこれまでとこれからを知る上で、重要なアルバムだ。

ちなみに、下記リンクからクロスフェードムービーが視聴できます。
「one」
「works」

posted by micarosu at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421914436

この記事へのトラックバック