2015年06月28日

「オクタヴィリア」 Etude Lavie

今回はEtude Lavieの「オクタヴィリア」を紹介します。
Etude Lavieの1stアルバム。

Etude Lavieが音楽で綴る物語。

幕開けを告げる「ピレネーの渚」の独特な陰を持った空気感に誘われるままにその音楽のドアを開けると、続く「リトルクルセイダース」で物語が羽ばたき始める。

不穏な空気感を出しながらも、それを乗り越えて大空へ羽ばたいてくこの「リトルクルセイダース」。
メロディにドラマチックさに巧みなアレンジ、それらを纏いながら楽曲を空へ送り出す歌声、終盤にかけて畳み掛けていく展開と、どれを取っても素晴らしい以外の言葉が見つからない。

そんな名曲に惹き込まれた心は、既にこの音楽が綴る夢の世界の物語から離れなくなってしまっている。

そこから「螺旋」や「ディレイ ディレイ」のような想いの回帰、「アイロニー バズ」のアトラクション的なドキドキに、「オクターヴ」の幻想的に描かれる葛藤の姿に酔いしれたかと思えば、「メリーゴーラウンド」の心地よいリズムと言葉が、この夢の世界から現実へと戻して行く。

最後まで聴いて、そうか夢を見ていたのかと思わせるほど、惹きこませる世界は圧巻。

ジムノペディ時代から培ってきた音楽の一つの到達点にして、Etude Lavieとして新たな幕開けを告げる素晴らしい一枚。
多くの人の耳に届くことを切に願わずにはいられない。

ちなみに、こちらで「リトルクルセイダース」が視聴できます。

posted by micarosu at 22:38| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/421462343

この記事へのトラックバック