2015年06月14日

「きみの選ぶみち」 牧野由依

今回は牧野由依さんの「きみの選ぶみち」を紹介します。
インペリアルレコード移籍第2弾シングル。

イントロのピアノの一音を聴いたとき、鳥肌が立った。
その一音そのものというより、これから始まる曲がとんでもない名曲であると不思議と感じた。

イントロは少しずつ壮大さを増していくが、歌いだしで再びピアノの音色だけに戻り、サビへ向けて壮大さを増していく音。
それはサビで最高潮を迎え、その中を行く感情たっぷりに歌い上げる言葉達が繊細なメロディに乗り、どこまでも響き渡っていく。

それを聴かされて、感情を揺さぶられないほうが難しい。
それほどまでに神秘的な魅力を持った名曲。

楽曲は以前からあったそうだが、表現力を増した今リリースしたからこそ、ここまで惹き付ける力があるのだろう。

楽曲の素晴らしさはもちろんこと、この曲に込めた想いも含めて多くの人に聴いてもらいたい一曲。

ちなみに、こちらで視聴できます。


posted by micarosu at 21:52| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック