2015年06月07日

「bluebell」 ウルトラタワー

今回はウルトラタワーの「bluebell」を紹介します。
ウルトラタワーの2ndミニアルバム。

どことなく感じる懐かしさ。
その源は、繊細なメロディと、それを引き立てるように一音一音大切に奏でる音楽だ。

それはミニアルバムの楽曲全てに言えることだが、中でも「希望の唄」と「春に残る雪」は特に素晴らしい。

『食戟のソーマ』のOPテーマにもなっている「希望の唄」は、疾走感のある音楽の中で滲み出るような前を向いた感情がとてつもなく愛おしく感じる一曲。

聴いている間はもちろんだが、込められた感情がじわじわと湧き上がって来ることで、余韻にも長く浸ってしまうそうになるのも大きな魅力。

「春に残る雪」は、彼らの真骨頂とも言えるバラードナンバー。

繊細で広がりのある音楽だけでも聴き手に情景を思い浮かばせるが、そこに歌声が乗るだけで、こんなにも物語が明確に動き出すだろうか。
今まで色んな歌声に出会ってきたが、そのどれとも違う圧倒的な個性と存在感、そして明確だけど繊細に感情を映し出す歌声には初めて出会えた気がする。

懐かしさを持ったポップさに魅惑の歌声。
それらを兼ね備えた音楽を詰め込んだこのミニアルバムは、いつの時代に聴いても色褪せない一つの名盤だ。

ちなみに、下記リンクからそれぞれの楽曲が視聴できます。
「希望の唄」
「春に残る雪」

posted by micarosu at 23:00| Comment(0) | TrackBack(0) | おすすめCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック